かやぶき屋根 thatched roof

奈良のかやぶき屋根

向井順吉画伯も描いている、かやぶきの両端が瓦になっている屋根は2000年頃まで奈良県でよく見られた特徴的な屋根でした。

日本全国のかやぶき屋根が取り壊されたり、トタン屋根に変わっていく中で、奈良県もかやぶき屋根がなくなっていきました。

奈良県の民家が移築・復元された大和民俗公園には奈良県で特徴的だった両端が瓦でできたかやぶき屋根の家が無いと父は憤慨していました。

Junkichi Mukai also draws paintings, roofs where both ends of the screech are tiled was a characteristic roof common in Nara prefecture until about 2000.

Nara prefecture as well as thatched roof disappeared as the roof of the whole country in Japan was torn down or changed to a tin roof.

My father was indignant at the Yamato Folk Park where Nara prefecture's private houses were relocated and restored, if there were no house of roof where both ends were characteristic of Nara prefecture and were made of roof tiles.

http://INSTAGRAM インスタグラムもご覧ください
この記事が気に入ったら、ソーシャルメディアで共有していただけるとうれしいです。