かやぶき屋根 thatched roof, 光の季節 Light

千年家の光

福岡県 横大路家住宅

伝教大師が唐から持ってきた

明りが灯り続ける「千年家」
屋根裏から漏れる光や積もった埃も

何やら有難い

 

千年家(せんねんや)とは古い民家のことです。

箱木屋住宅、旧古井家住宅、横大路家住宅の三つが有名ですが、

こちらの写真は横大路家住宅の内部です。

伝教大師(最澄)が横大路家の先祖に「毘沙門天像」「法理の火」「岩井の水」を授け、家系が今でも続いています。

横大路家住宅は2000年から2003年にかけて修復工事がされましたが、父が撮影したのは修復工事前のことです。

"SENNEN-YA(A thousand-year-old house)" is an old private house.

This picture is inside 'Yokokoji House Homes'.

Dengyo Daishi  gives the ancestors of the Yokokado family "VIsamonten  Statue" "Fire of the Doctrine" "Water of Iwai", the family line still continues.

 

インスタグラムもご覧ください

この記事が気に入ったら、ソーシャルメディアで共有していただけるとうれしいです。

コメントを残す