かやぶき屋根 thatched roof, 京都 Kyoto, 光の季節 Light

かやぶき屋根と囲炉裏の煙

かやぶきと囲炉裏の煙

電子レンジも炊飯器も無かったあの頃

ピピピという電子音は無く

トントントンという包丁とまな板の音

パチパチパチというかまどで燃える小枝の音

トントンパチパチ

朝の喜びを知りました

In times when there was no gas or electricity, I was cooking a meal in the furnace or in the hearth.

By burning a fire with the furnace or the hearth, the crown of the roof was dried and disinfected.

Electricity and gas passed through in a convenient age, but when it never burns fire in the hearth

Drying and disinfection disappeared, the lifespan of the crawl roof was said to be 60 years, but it was 20 to 30 years.

ガスや電気がない時代は、かまどや囲炉裏で食事を作っていました。

かまどや囲炉裏で火を焚くことによって、かやぶき屋根のかやは乾燥して消毒されました。

電気やガスが通って便利な時代になりましたが、囲炉裏で火を焚くことがなくなると

乾燥と消毒がなくなり、かやぶき屋根の寿命は60年と言われてましたが20年〜30年になりました。

 

インスタグラムもご覧ください

 

この記事が気に入ったら、ソーシャルメディアで共有していただけるとうれしいです。

コメントを残す