早春 early spring

無音の水月湖

無音の水月湖

鯉、はぜ、鮒、そして鰻
夏休みには、五目釣りを楽しむ子どもたちの声が響いた湖
春先には誰もいない
今はただ、心安らぐ 無音の世界

子供の頃、夏休みの家族旅行でよく「ミカタゴコ」に行きました。
小学生が面白いと思うような遊園地もショッピングセンターも何もない田舎でした。
日本中を旅行していた父と違って、日本地図には全く興味がないので
ミカタゴコが三方五湖のことだと大人になってわかりました。

水月湖の湖底はプランクトンの死骸や珪藻、粘土鉱物が堆積して、木の年輪のように一対のしま模様で一年を表す縞模様ができる「年縞」が世界標準のモノサシとしてユネスコに認定されています。

昔は何もない湖でした

 

Carp , cod, eel
During the summer vacation, the lake that the voices of children enjoying fishing sounded
There is no one in spring
Now, just the heart of peace and silence

As a child, I frequently went to “Mikatagoko” on my family vacation during the summer .
It was a countryside where there was not any amusement park or shopping center that element school students thought were interesting.
Unlike my father traveling in Japan, I’m not interested in the Japanese map at all
I understood that Mikatagoko is about Mikata Five Lakes and became an adult.

The lake bottom of Lake Suigetsuko is a UNESCO recognized as a global standard “plaster” carcasses, diatoms and clay minerals accumulate and striped patterns representing a year with a pair of streaks like wooden rings It is.

この記事が気に入ったら、ソーシャルメディアで共有していただけるとうれしいです。

コメントを残す