みのりの季節 Harvest

幻の集落

幻の集落

岡山県加茂町堂ヶ原にあるという幻のかやぶき屋根の集落を求めて

舗装されていない、でこぼこの細い山道を車の底を何度もガリガリと岩で擦りながら、やっとのことで峠を超えた。

苦労して超えた峠の先にあったのは、かやぶき屋根を長年撮り続けてきた私が夢にみたような美しい景色でした。

清らかな小川が流れ、田んぼはよく手入れがいきとどき、美しいかやぶき屋根と遠くに連なる山々

「日本の原風景」の理想的な見本として辞典に載せたいような風景がありました。

 

I finally went over the rugged narrow mountain road which was not paved for seeking the village of the visionary roof of Okayama prefecture, scrubbing the bottom of the car many times with crackling rocks and finally crossing the pass.

It was a dreamlike scenery that was in front of the passing pass which passed through with difficulty.

A clean stream flows, well-grown rice field, a beautiful cabin roof and a mountain that goes far away

There was a scenery that I wanted to put in a dictionary as an ideal sample of “Original landscape of Japan”.

INSTAGRAM インスタグラムもご覧ください

この記事が気に入ったら、ソーシャルメディアで共有していただけるとうれしいです。

One Comments

コメントを残す