かやぶき屋根 thatched roof, 光の季節 Light

かやぶき屋根の葺き替え

かやぶき屋根の葺き替え

暑い盛り、あちこちで屋根の葺替えが始まります

梅雨明け十日の晴天や乾いた気候を利用して行うのでしょうが大変な仕事です。

近年では茅の入手が困難で高価になりました。

それがかやぶき屋根消滅の大きな原因の一つです。

 

The lifespan of the thatched roof is 20 to 30 years. We will recharge the roof (repair of the roof) when the years of 20 to 30 years have passed.

Well, how much will it cost you to re-roof the roof?

It seems that it will cost more than 10 million yen, depending on the size of the roof and the quality of the material.

In old farm villages everyone lives in a house with a crawl

In the 1970s when my father was taking pictures, the toy roof was a symbol of poverty

It is now a proof of a world heritage or celebrity.

かやぶき屋根の寿命は20年から30年です。20年から30年の年月がたつと葺き替え(屋根の修理)をすることになります。

さて、かやぶき屋根の葺き替えはいくらかかるでしょう?

屋根の大きさや材料の品質によりますが一千万円以上かかるそうです。

昔の農村ではみんながかやぶき屋根の家に住み

父が写真を撮っていた1970年代はかやぶき屋根は貧しさの象徴であり

今では世界遺産かセレブの証になりました。

 

インスタグラムもご覧ください

 

この記事が気に入ったら、ソーシャルメディアで共有していただけるとうれしいです。

コメントを残す